>

平郁会 ママさんナースインタビュー

患者様とご家族の人生に寄り添う看護を

看護師・山岸視香と菅原亜季穂が感じる
在宅医療看護師の
やりがい
平郁会には看護師として働きながら育児を行う看護師も多く在籍しています。看護師・山岸と菅原は育児をしながらナースとして働く”ママさんナース”です。同年代の子どもがいる2人が、平郁会での働き方、仕事のやりがいを語り合います。

平郁会 ママさんナース

菅原 亜季穂(写真左)
ナースの密着ドキュメント番組を観て、看護師を志す。 急性期病院から有料介護施設を経て平郁会に入職。
山岸 視香(写真右)
介護士である母の影響で看護師を志す。 急性期病院、リハビリ病院を経て平郁会に入職。
看護師を目指したきっかけもさまざま
個性あふれる
平郁会の看護師
山岸

私は母が介護の仕事をしていたことが大きかったと思います。中学生くらいから施設のお祭りとかイベントで参加者さんの車椅子の移動をお手伝いしたり、お話をしたり……。自然と看護や介護の仕事に進むことを考えていました。在宅医療に興味を持ったのはリハビリ病院に転職したこと。リハビリ病院ではPT、OT、薬剤師など多くの医療従事者が連携して、患者様を担当します。

また実際に患者様の自宅にお伺いして、帰宅後に課題になる点をピックアップし、患者様が退院後、快適に生活をするためにどうしたらいいか? をチーム全員で考えるんです。患者様の持っている能力をチームで引き出す魅力を知り、多職種連携を行う在宅医療を選びました。

菅原

私は病院の看護師に密着したドキュメント番組を観て、現場でバリバリ働いている看護師さんに憧れ、ナースになりました。でも実際に看護師として現場に立って、私は患者様と時間をかけてしっかり交流を持てる看護が向いていると感じ、有料介護施設に転職をしたんです。

看護学校で在宅看護は習ったのですが、介護施設で初めて在宅医療を専門に扱うクリニックがあると知り、働いてみたいと思いました。

患者様とご家族の想いを大切に
ママも働きやすい
環境で活躍できる
菅原

平郁会を選んだ理由は、面接をしたときにお話をした、ドクターの患者様に向き合う姿勢を聞いたことです。『患者様の価値観、人生観を大切にします』という理念にも共感し、入職しました。

山岸

多岐にわたる診断科の専門医が多いことも、大きな魅力です。皮膚科や眼科、精神科のドクターがいます。高齢の患者様は皮膚や目のトラブルも多いのでニーズも高い。患者様のケアを専門医の指示で行うことができるので安心感があります。日勤・夜勤と業務分担もしっかりしているため、子どもがいるママさんナースも働きやすい環境です。

菅原

私と山岸さんもママさんナースです。2人とも土日祝日は完全にお休みをもらっています。勤務外で呼び出されたり、電話がかかってきたりすることもほとんどないので、休みの日は家族と過ごす時間をしっかり取れますよ。夜間もコールセンターがあるのでオンコールもありません。

山岸

子どもが風邪を引いたときなど、急なお休みも対応してくれます。看護師が足りない場合は、平郁会の近隣クリニックから応援の看護師が来てくれる体制が整っているので、自分の家族と看護師の仕事、どちらも大切にできるんです。

菅原

急なお休みでも、みんなが嫌な顔ひとつせず『お互い様だよ!』って言ってくれるんです。すごく嬉しかったですね。私も他のナースがやむを得ずお休みするときは『お互い様!』って声をかけています。みんなで助け合い仕事ができる環境が整っていると思います。

ご家族から「ありがとう」と言って
いただける看護を目指して
山岸

看護師としてケアが難しい状況もあります。例えば褥瘡ができてしまった患者様がいて、毎日、洗浄し清潔を保って、薬を塗ることが最適な処置だとしても、施設やご家族の事情で難しいこともある。

患者様だけの理由ではなく、患者様の周囲の環境も含め、看護師として何ができるのか? 考えなくてはいけないんです。自分の知見を広げ、より快適に過ごせるケアを提供することで、そのギャップを埋めていけたらと思っています。

菅原

私の担当している患者様は施設に入居されている方々ですが、終末期を迎える方も多くいます。最期が老衰に近い形であっても、最期まで医療行為を望まれるご家族もいらっしゃいます。もちろん患者様本人、そしてご家族と話し合い、どうケアしていくか決めていますが、最期、苦しむ形になってしまう患者様もゼロではないんです。

そのとき、私にもっとできることがあったのではないか? もっとご家族の心を開くことができていたたら……と葛藤を覚えます。

山岸

菅原さんの言うとおり “本当によかったのかな?” と自問自答することもあります。

菅原

看取った患者様のことを思い出すと、少し涙が出そうになるんです。私たち看護師も担当している患者様の最期は、寂しい、悲しい気持ちがあります。でも以前、あるご家族から『皆さんがいたから、最期の時間をゆっくり過ごせました。ありがとうございました』っておっしゃっていただいて……。そのときに、この仕事をしていてよかったと心から感じました。

看取ることは悲しいことですが、その先に『ありがとう』がある。いつもご家族が心からそう思っていただけるケアを提供したいと思っています。患者様の人生に寄り添う仕事なので、看取りの形はご家族の数だけある。患者様とご家族の想いに最期まで耳を傾けて、願いを叶えられるようケアすることが私たちの仕事なので。

山岸

本当に、ご家族からいただく『ありがとう』のことばが大きいです。 患者様とご家族に寄り添ってきたことが間違っていなかったと思えます。

“人が好き”な看護師に挑戦してほしい。
苦しいこともあるけれど、
それ以上にやりがいのある仕事
菅原

在宅医療は患者様との距離がとても近いので、患者様とご家族を大切にできる看護師に向いていると思います。ちょっとケアが大変なときも、患者様が快適に療養するために頑張ろうって思うナースにとって、やりがいがある仕事だと思います。

看護師としては、今後、終末期のケアをもっと勉強していきたいです。さらに専門的な知識を増やし、患者様とご家族のお手伝いができたらと思っています。

山岸

あと、相手の立場に立って物事を考えられる人がいいですね。心から看護の仕事が好きな看護師にとってやりがいある仕事だと思います。以前、看護師の仕事を離れていたこともあったのですが、看護師として患者様から言われる『ありがとう』に勝るやりがいって感じられなかった。

患者様の人生に看護師が携わるのは僅かな時間ですが、こんなに誰かの人生に濃密に携われる仕事ってなかなかないと思うんです。私は看護師の仕事が自分の生きがいなので、できるならば70歳まで、現役のナースでいたい!

菅原

そう、在宅医療の看護師は悲しいことばかりじゃない、やりがいのある仕事です。ぜひ興味があるナースは挑戦してみてほしいと思います。

山岸

“人が好き”な看護師に向いている仕事です。訪問診療は看護師が一人で訪問するクリニックもありますが、平郁会はメディカルサポーターと一緒に患者様の自宅へ訪問します。もちろん、ケアで悩むことがあれば、看護師同士、相談できる環境もあるので、安心して訪問できるんです。

菅原

もちろん苦しいこともありますが、それに負けないくらい患者様と過ごす時間に喜びがあります。たくさんのナースと一緒に患者様、ご家族の笑顔を増やしていきたいです。

ページの先頭へ戻る