>

平郁会の在宅医療

在宅医療とは

医師や看護師が通院が難しい患者さまのご自宅や施設等へ定期的・計画的に訪問し医療を提供することを「在宅医療」と呼びます。
在宅医療が検討されるタイミングは、在宅や施設で介護を受けていて医療が必要となった場合や、入院していたが退院することとなり継続的な診療が必要となった場合、外来に通院していたが通院が困難になった場合などが主なケースです。
ただ、治療だけに焦点を当てるのではなく、「我が家で家族と療養生活を送りたい」といった患者さまの思いを実現することも在宅医療の大切な役割です。

平郁会の在宅医療の特徴

  • アイコン

    24時間365日対応体調が急変した時、休日でも夜間でも必ず連絡がつき、いつでも往診のできる体制が整っています。入院が必要となった場合でも、地域の医療機関と連携しサポートします。

  • アイコン

    重症疾患診察がん末期の方、特別な医療機器や医療処置が必要な方など重症度の高い患者様にもご自宅での療養が続けられるよう診療体制を整えています。

  • アイコン

    専門医による診療体制患者様の病状によっては専門医の診断が必要な場合もあります。当法人では、各領域の専門医が連携し療養のサポートをいたします。(精神科・神経内科・皮膚科・形成外科・整形外科・アレルギー・リウマチ科など)

  • アイコン

    安心を実現するチーム医療地域の介護・医療など多職種が連携し、患者様とご家族様を支えます。また、わかりやすく丁寧な診療を心がけ、不安に思われていることや疑問などもいつでもご相談できる体制を整えています。

診察までの流れ

  • アイコン

    お電話でお問い合わせください。
    相談員が病状や介護状況をお伺いし、訪問診療システム等の説明も行います。

  • アイコン

    医師が初回往診に伺います。また診察後に今後の治療計画を作成します。

  • アイコン

    病状に応じた定期的な訪問診療をスタートします。

訪問診療費(月2回診療・安定されている方の場合)

医療保険・在宅時医学総合管理料・在宅患者訪問診療料

①24時間の往診体制に掛かる費用

アイコン

介護保険・居宅療養管理指導料

③患者様・ご家族へのアドバイス

70歳以上の患者様の医療費限度額

70歳以上の患者様の医療費限度額

※1 アイコン以下の疾病等に罹患している状態
末期の悪性腫瘍、スモン、難病の患者に対する医療等に関する法律に規定する指定難病、後天性免疫不全症候群、脊髄損傷、真皮を超える褥瘡

アイコン以下の処置等を実施している状態
人工呼吸器の使用、気管切開の管理、気管カニューレの使用、ドレーンチューブ又は留置カテーテルの使用、人工肛門・人工膀胱の管理、在宅自己腹膜灌流の実施、在宅血液透析の実施、酸素療法の実施、在宅中心静脈栄養法の実施、在宅自己導尿の実施、植え込み型脳・脊髄電気刺激装置による疼痛管理、携帯型精密輸液ポンプによるプロスタグランジンⅠ製剤の投与