>

平郁会 検査チームインタビュー

在宅医療の世界に
臨床検査技師を増やしたい

平郁会・検査チームの考える
在宅医療に検査技師がいる
本当の価値
平郁会には患者様の自宅でも病院と変わらない精度で検査を行うエコー検査チーム、採血・心電図検査チームが存在します。臨床検査技師の多くは急性期病院や検査センター、健診センターなどで働くため、在宅医療の現場での活躍はあまり知られていません。しかし、検査技師だからこそ、価値を発揮できる場が在宅医療にある。新しい臨床検査技師の働き方に挑戦する、平郁会・検査チームのストーリーです。

平郁会 検査チーム

高橋 昌志(訪問診療リーダー)
小学生の頃、祖母を亡くしたことをきっかけに医療職を目指し、臨床検査技師になる 急性期病院・クリニック勤務を経て平郁会に入職 。
磯崎 真紀(採血チーム)
親族に臨床検査技師がおり、自身も同じ臨床検査技師を志す。急性期病院、クリニック勤務を経て平郁会に入職。
張間 愛加(エコーチーム)
高校生の時に好きな化学を生かせる臨床検査技師という職業を知り、興味を持ったため。急性期病院勤務を経て平郁会に入職。
中村 弥生(採血チーム)
社会人として働いていた際、東日本大震災に被災。報道の中で臨床検査技師という職業を知り、興味をひかれたため。急性期病院の検体検査室勤務を経て平郁会に入職。
コミュニケーションを第一に考える
在宅医療の現場

患者様の尊厳を考えた
臨床検査技師の仕事

平郁会の臨床検査技師は、もともと急性期病院でキャリアをスタートさせている人がほとんどです。在宅医療で臨床検査技師が必要とされていることは転職をきっかけに知るなど、多くの技師ははじめ、在宅医療の現場で臨床検査技師がどのように業務を行うのか、わからない部分も多かったといいます。

中村

正直、最初は想像がつかなかったんです。でも実際に働いてみて患者様へのアプローチが全然違うことに驚きました。訪問診療では、私たちが患者様のお宅にお邪魔させていただくという姿勢が大切です。まずはコミュニケーションを取らなければ患者様に信用していただけません。一人ひとりの患者様にしっかり向き合うことにやりがいを感じています。

臨床検査技師として、訪問する患者様の個性をしっかりと理解した上で検査を行う――。患者様の心に寄り添ったコミュニケーションが求められます。患者様の強い意志を尊重しながら医師や看護師と相談し、状況によっては“検査をしない”という選択肢を取ることもあります。

磯崎

在宅医療と急性期医療では考え方が大きく違います。急性期病院ですと、患者様が嫌がっても検査は中止できないことが多いんです。本来は患者様が望んで、私たちが検査をさせていただく形が理想。患者様の意思を最大限に尊重できる在宅医療は、とても新しい働き方だと感じます。

さらに働く環境として大きく違うのは検査技師が自ら外に出ること。病院や検査センターでの勤務とは違い、多くの施設や患者様のご自宅へ、自分自身が赴きます。

中村

病院勤務だった頃は1日院内にいることが多く、外の天気や季節の流れを感じることが少なかったんです。でも訪問診療ではさまざまな患者様のご自宅に伺うため、外出の機会が増えます。季節の変化を肌で感じられることがすごく新鮮で、楽しいんです。

患者様の負担を最大限に軽減し適切な
診療を早期に促す、それが検査チームの強み

平郁会では医師、看護師、臨床検査技師など多くの専門家がチームを組み、訪問診療にのぞんでいます。検査チームの大きな武器は、診療に合わせて結果を準備できること。
高齢の患者様にとっては、病院の待ち時間も大きな負担となります。しかし、平郁会では、検査チームが検査を行った検査結果を、医師が診察する段階で提供できるため、病院のように待合室で待たなければいけない、という状況が発生しません。また、急性期病院では検査を行うまでの待ち時間も長く、患者様によっては検査そのものが難しいという問題がありました。自宅まで検査チームが向かうことで、負担を最小限に抑えた検査を行えます。

高橋

私はまだ入社して日が浅いのですが、患者様から『病院に行かないとできなかった検査が自宅でできて、ありがたい』と言われたことがあります。このことばを聞いて転職してよかったと実感しました。

エコー検査は疾患の早期発見につながることもあります。

中村

病気が悪化してからでは入院を余儀なくされることも考えられます。検査し、病気を早期発見して、今の状態を知ったうえで、積極的に治療する、温存して治療の負担を少なくするなど今後どうするかを患者様、ご家族様、医療チームみんなで考えられることは大きな魅力だと思います。

どんなときも患者様とそのご家族様が安心して過ごせるように――。患者様の未来を見据え正しい情報を提供することが、検査チームの最大の価値です。

誰もが働きやすい環境で、
患者様とのコミュニケーションを大切にする
臨床検査技師と一緒に歩みたい

平郁会では誰もが活躍できる環境作りに注力してきました。妊娠・出産に安心してのぞめること、介護などで家族を優先できる環境であることなど多く挙げられます。

中村

シフトがしっかりあるため、夜勤や残業はほとんどないです。また介護休暇などが取得しやすいことも大きいと思います。他の職種では2人目の産休や育休をとって復帰した女性スタッフも多くいますし、男女問わず非常に働きやすい環境だと感じます。

急性期病院では女性の乳がん検診など、デリケートな部位の検査を行うことも少なくないため、女性技師の採用を積極的に行う現状があります。しかし訪問診療の現場では、患者様の自宅に検査機材を運ぶところから始まるため、力のある男性検査技師の活躍も期待されているのです。

磯崎

臨床検査技師が訪問診療の現場で働くという選択肢は、検査技師の間でもまだまだ広がっていません。先輩に『訪問診療ってどんな仕事なの?』と聞かれたこともあります。でも、検査技師の間で訪問診療という選択肢を持つ人が増えることにより、今後更に在宅医療を必要としている方が増えていく時代で、より多くの患者様の助けになっていけると信じています。

張間

患者様に話しかけるとき親しみのあることばを使うよう意識しています。例えば、おしゃれですねって言うときも『ハイカラですね』と言うようにしてみたり。そうやって少しでも患者様に寄り添うことを大事にしています。そういった面では、些細なことかもしれませんが、細やかなコミュニケーションを楽しめる検査技師は、訪問診療に向いているのでは? と感じます。

患者様やご家族様のために少しでもお手伝いができるよう、平郁会の検査チームはこれからも成長を続けていきます。

ページの先頭へ戻る