医療秘書

ABOUT US

平郁会の特徴

平郁会はどんな医療法人?
平郁会を選ぶ理由を知ろう

コンテンツを開く

平郁会では患者さまのためにお役に立ちたい、
社会貢献したい等、
同じ志を持ちチーム医療を推進する
お仲間を大募集しています

医療法人社団平郁会は、東京・神奈川・千葉を中心に、北海道、長野、茨城、群馬で訪問診療のクリニックを展開しています。
患者さまおひとりおひとりの異なる状況やニーズに応えられるよう医療サポート体制を整え、安心して選択していただける訪問診療を目指しています。

24時間365日、患者さまの緊急コール・往診の対応、重症疾患の診察、専門医による診療体制を整えています。今後は訪問診療が不足している地域に平郁会のシステムやノウハウもって積極的に拠点を開設し、社会貢献をしたいと考えております。 訪問診療を提供するための基盤をより強固にし、訪問診療を求めている多くの患者さまに対して価値提供をしてまいります。

『タテ』ではなく、『ヨコ』の関係を意識し、
チーム医療を推進しています

平郁会には医師、看護師、医療秘書等様々な職種が在籍をしていますが、組織として職種による上下関係をなくし、『タテ』ではなく、『ヨコ』の関係性を重視し、フラットな組織を目指しており、人間関係も良い職場です。
患者さまを支える職員全員が心を一つにして日々協力し、『患者さまが家で最期まで暮らし続けられる社会』の実現に向けチーム医療を推進し、笑顔でやりがいをもって輝ける職場を目指しています。

平郁会はオンとオフをしっかり両立し、
長く働ける職場環境を提供しています

平郁会は24時間365日訪問診療を提供していますが、平日の日中と夜間・時間外をチームで分け、分業制を確立しています。夜間は日中とは別の当直医による往診体制に加え、看護師によるコールセンター、往診をする医療秘書のチームが存在しており、基本オンコールがありません。また各職種に対する評価制度も確立されており、年2回、評価に基づき、昇給があります(2022年平均昇給率2.3%)。永年勤続制度や学会出張制度、資格取得支援制度もあり、また外部業者の利用による福利厚生の制度も充実させています。
年1回、全職員に対して『職場満足度アンケート』を行い、職員からの要望に関しては継続して改善をするようにしています。

数字で見る平郁会

  • 従業員数

  • 職種別従業員数

  • 訪問診療医師リファラル採用比率

  • 常勤職員男女比

  • 常勤職員年齢構成比

  • 女性の産育休取得率

    月平均残業時間

    有休消化平均日数

WORKS

医療秘書の仕事

医療秘書の業務内容をご案内

コンテンツを開く

医療秘書(メディカルサポーター)

・訪問診療の医師や看護師に同行し、患者さまの診療サポートを実施。
・電子カルテの入力代行、物品管理、診療の補助
・地域多職種との連携業務:患者さまのご家族、訪問看護・調剤薬局・ケアマネージャー・介護施設との患者さま情報の共有や対応依頼など
・事務作業、契約処理、その他

■1日のスケジュール例
9 :00 医師や看護師とクリニックでミーティングを実施、その後高齢者施設や患者さまの個人宅に伺い診療を開始
12:00 昼食
13:00 午前同様に定期診療を行い、空いている時間は急遽依頼をうけた場合の往診に備える
17:00 クリニックへ帰着し、ミーティングや事務作業
18:00 夜間スタッフに業務を引き継ぎ終了

INTERVIEW

スタッフインタビュー

平郁会を選んだ理由や仕事のやりがいは?

コンテンツを開く

  • 医療秘書(相子)
  • 医療秘書(露木)

医療秘書
相子 詩於理
平郁会在籍4年目

様々な形で大好きな高齢者の力になれる仕事がしたい。介護の世界から医療の分野へと思いきって飛び込んだ相子詩於理は、メディカルサポーターという未知の職種に出会って日々成長しながら、未来への新たなる夢も見えてきた。

高齢者の力になれる仕事を幅広く
経験すべく、介護から医療の分野へ

もともと高齢者の方が好きで、高齢者の方と関われる仕事は学生時代からの希望でした。ですから大学卒業後は特養の介護員となり、利用者さまの日常生活支援を行いながら介護福祉士の資格を取得。同法人の訪問介護事業所でのオペレーター業務も経験しました。
さらに幅広い経験がしてみたいとの思いから転職を考えるようになり、エージェントを介して出会ったのが平郁会です。 メディカルサポーターという職種を初めて知って非常に興味を持ちましたが、医療の知識がないこと、ペーパードライバーだったことも理由で一旦は諦めそうに。けれどエージェントの方の後押しもあり、自分にとってのチャレンジになると確信し、勇気を持って飛び込むような気持ちで入職を決めました。

円滑な訪問診療へのサポートを軸に、
患者さまを支える裏方全般を担当

メディカルサポーターは別名SS(サポートスタッフ)や医療秘書などさまざまな呼び方をされますが、その呼称通り秘書のような側面の強い仕事です。医師のスケジュール管理や電話対応、事務処理、診察への動向、医師・看護師の送迎など業務は多岐にわたります。
現在、私は週のうち4日間は診察帯同、残りの1日は事務処理をメインに業務にあたっています。

前職では自分が直接的に施設利用者さまの生活介助を行なっていたのに対し、今は医師・看護師がスムーズに訪問診療を行えるようサポートする立場。ですから患者さまに直接ふれあう機会は少なくなりました。そのことをさみしいと思う反面、平郁会に入ってこれまで知らなかった様々な貢献の仕方に気づくことができたと思っています。
医師や看護師、ケアマネージャーや患者さまのご家族など、あらゆる立場の方とやりとりする中で、今後自分は訪問診療に関わる人々の架け橋的な存在になれればと思いながら仕事をしています。

自身の対応が患者さまの助けになると実感
心ある人々に囲まれ楽しく働ける職場

訪問診療の現場は日々何が起こるかわかりません。急変や急な依頼など、予測できない事象に対してひとつひとつ対応し、解決していくことで患者さまやご家族の皆さまの助けになれていると実感でき、それがやりがいにつながっています。
また最近は相談員業務も任せていただけるようになり、新規患者さまの受け入れに際した調整も行なっています。患者さまご本人だけでなく、その周囲の方々と関わることでコミュニケーションスキルが磨かれていると実感しますし、そこで学んだものを円滑な診療のためのサポートにも生かしていきたいです。

現在勤務しているクリニックの雰囲気や人間関係がとても良好なことも、毎日楽しく働けている大きな理由です。入職後はいくつかのクリニックを経験し、上司の計らいで私にマッチしたクリニックへ配属していただけたことにとても感謝しています。クリニックの皆で学び合いながら成長できている職場です。
また平郁会の医師や看護師はやさしい方ばかりですので、初めて医療の世界に飛び込む人間にとっても素晴らしい環境だと思います。

仕事を通して得た気づきを活かし
医療と介護を結ぶ人材へと成長したい

平郁会に入職し、視野が広がりました。それまで「苦労が多く、見返りは少ない」と勝手に先入観を持っていたケアマネージャーという職種も、とてもやりがいのある面白い仕事だということが分かって目指すべき存在になりました。またいずれは社会福祉士の資格を取得するなどして、高齢者福祉に携われる幅を広げていけたらと考えるようになりました。今後は介護だけでなく、医療についてもさらに精通していくことが目標です。

医療の現場ですから、最初はだれもが大変な思いや苦労をすると思います。けれど平郁会では周囲の皆が親切に助けてくれますので、あとは自身の仕事との向き合い方次第でいくらでも楽しくなるはずです。だれかのためになりたいという志を持った方であれば、やりがいを持って楽しく働くことのできる職場だと思います。

医療秘書
露木 大海
平郁会在籍1年目

30歳を機に、それまで携わっていたサービス業から憧れの医療の世界へと転身した露木大海。前職で培った経営者としての視点と接客のスキルを生かしながら、より患者さま満足度の高い訪問診療を目指す。

異業種への新たなるチャレンジ
将来性ある訪問診療の世界で成長したい

前職は実家が営むクリーニング業の経営・人事・マーケティングを行なっていました。家業が軌道に乗り、自身が30歳を迎えたとき、新しいことに挑戦してみたいと考えるようになりました。 もともと子供の頃から医療の世界には興味を持っており、また人の役に立てる仕事をしたいとの希望を持って転職先を探す中で、訪問診療を行っている平郁会を知りました。30代からでも医療の世界にチャレンジできると聞き、入社を決意。ゆくゆくは事務長としてマネジメントを担う人材となれるよう、医療秘書として業務にあたりながら訪問診療の現場を学んでいます。

スムーズな診療を支えるサポーター。
働きながら知見が広がる充実した毎日。

入職後3ヶ月間は先輩に付いて業務や患者さまのことを覚えていきました。そして病状の安定している患者さまから徐々に引き継ぎ、現在は秘書として独り立ちして毎日の業務にあたっています。
一日の流れとしましては、まず診療準備とスケジュールを整え、医師が同乗する車を運転して患者さまのいるご自宅や施設を回ります。そのあと拠点に戻って報告や薬局とのやりとりなどの事務処理を行います。
医療秘書の役割は、医師・看護師がスムーズに診療を行えるよう、そして患者さまが安心してそれを受けられるよう、環境を整えることです。ですからどうすれば患者さまや医師にとってベストなのかを考える想像力や、わからないことは素直に聞いて解決するコミュニケーション力が大切だと考えています。

医療の知識が全くないまま入職した私ですが、周囲にどんどん質問できる職場です。疑問をどのようなプロセスで調べればよいかのサマリや、業務を覚える上での進捗状況シートなども用意されていますし、クリニック個別でも合同でも頻繁に勉強会が行われています。月に一度のクリニック合同勉強会では看護師が主導となり、様々な病気の知識や、患者さまへの各種措置について、また秘書が行ってはならない医療行為についてなどの説明も聞けます。専門知識がなくとも、入職してから勉強していける環境はとてもありがたいです。

秘書業務や他職種とのふれあいを通し、
人として大切なことを学べる。

訪問診療は「治療する・助ける」というよりも、その患者さまにとっての「最善を考えていく・どう生きたいかにフォーカスしていく」という側面の強い医療だと感じています。
そこをサポートしていくには、ひとりひとり事情もバックグラウンドも違う患者さまに寄り添ったり、読み取ったりしていく能力を身につけていくことが必要です。それが難しくもあり面白いところではないでしょうか。また患者さまを通していろいろな人生を間近で見ることができるのは大きな経験になりますし、職業を越えて、人として大切なことを学べていると思います。

組織として誇れる点は、24時間体制がしっかりと整っていて、全ての時間帯や部署で働く職員同士の連携が取れている点です。表向きは24時間体制でも、実際は外部委託をしている団体も少なくない中、平郁会のようにすべて自走稼働している大規模な団体は珍しいと思います。
分業が確立しているぶん、周りの皆がいないと仕事が成立しません。ですから医師・看護師・秘書・ドライバーなど異職種同士が互いを尊重し合っており、職場の雰囲気がとても良いです。そうした医療関係者の方々と触れ合うことで自身の知識も増えていますし、サービス業で培った傾聴する姿勢によってさらに成長できていると実感しています。

マネジメントの視点で、訪問診療の
普及と満足度に貢献していきたい。

まずは、患者さまやそのご家族はもちろん、共に働くどの立場の人の視点にも寄り添えるようになることが目標です。そして、「この人にサポートして欲しい」と思われる人材に成長できるようこれからも視野を広げていきたいです。
ゆくゆくは自身のサービス業の経験を生かし、患者さまにより良い訪問医療を提供するために尽力できればと考えています。システムやマーケティングの面からもアプローチできる事務長を目指し、そのためにも医療についての知識をさらに身につけていく所存です。

  • 医療秘書(相子)
  • 医療秘書(露木)

CAREER STEP

キャリアステップ

キャリアステップをご案内

コンテンツを開く

SYSTEM & WELFARE

各種制度・福利厚生

各種制度・福利厚生をご案内

コンテンツを開く

定年制度

有り(65歳)※継続雇用制度あり

給与改定

年2回(4月、10月)
2021年度平均実績:年間で平均2.3%昇給
※当社人事制度・規定に準じる(会社の業績・個人の勤務評定・勤怠などを総合的に評価し決定)

各種社会保険

雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険、産前産後休暇、短時間正社員制度あり(お子さまが小学2年生にあがるまで)

通勤手当

あり(上限30,000円/月)

福利厚生制度

・永年勤続表彰制度(報奨金、有給支給あり)
・学会・セミナー参加補助
・外部福利厚生業者利用可(リロクラブ)
・診療費補助制度
・部署内歓迎会、懇親会費用補助あり

試用期間

3ヶ月(条件変更なし)

RECRUIT INFO

募集要項

募集要項・選考プロセス・応募方法をご案内

コンテンツを開く

募集要項

募集職種
常勤医療秘書
仕事内容

・訪問診療の医師や看護師に同行し、患者さまの診療サポートを実施。
・電子カルテの入力代行、物品管理、診療の補助
・地域多職種との連携業務:患者さまのご家族、訪問看護・調剤薬局・ケアマネージャー・介護施設との患者さま情報の共有や対応依頼など
・事務作業、契約処理、その他

■1日のスケジュール例
9 :00 医師や看護師とクリニックでミーティングを実施、その後高齢者施設や患者さまの個人宅に伺い診療を開始
12:00 昼食
13:00 午前同様に定期診療を行い、空いている時間は急遽依頼をうけた場合の往診に備える
17:00 クリニックへ帰着し、ミーティングや事務作業
18:00 夜間スタッフに業務を引き継ぎ終了

勤務地

お問い合わせください

年俸制

288万円~
◎給与は経験、スキル等を考慮し決定します。

給与内訳

・基本給 基本給194,430円~
・固定残業代 45,570円~
※固定残業代は月30時間分を残業の有無にかかわらず支給、超過分は別途支給 ※給与は経験、スキルを考慮し、法人規定の等級制度によって決定

給与改定:年4回(4月,7月,10月,1月)
※当社人事制度・規定に準じる(会社の業績・個人の勤務評定・勤怠などを総合的に評価し決定)

通勤手当
上限30,000円(当社規定内支給)
※試用期間3か月・条件変更なし
勤務時間

平日9:00~18:00(60分休憩)
※残業時間:月平均20~30時間程度

休日

土曜日、日曜日、祝日
・年末年始休暇:12/30~1/3
・有給休暇:初年度15日(週5日勤務の場合)

応募要件

普通自動車運転免許(AT限定可)
PC基本操作が可能な方
※医療業界未経験歓迎

選考フロー

  • 1

    採用ホームページよりエントリー

  • 2

    履歴書、職務経歴書提出

  • 3

    書類選考

  • 4

    面接(1,2回)

  • 5

    内定

エントリーはこちら

# 挑戦

挑戦を重んじ、挑戦する者に機会が
十分に与えられる

医療業界未経験、無資格の方でも挑戦できる

close

# 成長・活躍

目標管理制度などがあり、
各種研修とは別に
個の成長を促す取り組みがある

評価シートがあり、段階的に成長することができる。

close

# 責任・委任

ひとりひとりが確かな責任を持ち、
また、任せ合うことができる

担当施設、患者さまが決まっているため、
一人一人に担当者として
責任のある仕事が求められる

close

# 尊重と協調・建設的

年次・経験に関わらず
ひとりひとりを尊重している
何事も建設的に話し合い、
業務を進めていくことができる

「タテ」ではなく「ヨコ」の関係であることを強調し、
チーム医療を推進している。

close

# 誠実・謙虚

年次・経験に関わらず、
互いに向き合うことができる

すべては患者さまのためにを合言葉に行動している

close

# 遵守

コンプライアンスはもちろん、
組織、チームのルールを守る

ハラスメントの研修などが行われていたり、
事務長がルール遵守を推進している。

close

# 仲の良さ

人間関係が良好である

若いスタッフが多く、和気あいあいとした雰囲気である

close

# 改善

業務に常に改善の意識があり、
今よりもより良いものを
目指すことができている

効率化委員会、レセカル委員会、医療安全委員会などの
委員会で業務改善を行うミーティングを
定期的に行っている

close

# 共育 共助

共に学び共に成長する意識がある
助け合う精神がある

「タテ」ではなく「ヨコ」の関係であることを強調し、
チーム医療を推進している。

close

# 透明性と共有

組織的にブラックボックスがなく、
透明性が担保されている

毎月コンディションチェックを行うシステムがあり、
見えない声も拾える体制がある。

close

# 指導

上司や経験のある者が、
部下、経験のない者に
しっかりと指導する取り組みがある

研修制度が確立している

close

# 楽しむ

仕事を楽しむことができている

患者さまに「ありがとう」と言われることが一番楽しい

close

# 変革

確かな結果を導くために
前例主義を脱却し、
変えていく意識と行動がある

常に新しい取り組みに挑戦している

close

# 即決・即応

意思決定や行動が早い

風通しのよい法人で意思決定スピードは速い

close

# 熱意

社会貢献したいという意欲が高い人が多い

患者さまが家で最期まで暮らせるように日々努力している

close

# 社会貢献

医療に携わることで社会貢献できる

自身が社会貢献していると実感できる

close